畳工事

 

各部名称

tatami_illust

1.畳床

畳の芯材となる部分で目に触れる機会は少ないですが大きく分けて3種類あります。100%ワラを使ったワラ床、ワラの間にポリスチレンフォームを挟んだワラサンド床、まったくワラを使用しない建材畳床。その他に機能付加畳床として洗える畳、薄畳用建材床などもあります。

tatami_photo01
tatami_photo02
tatami_photo03

2.畳表(ゴザ)

国産イ草を使用します。高級な物ほど長いイ草を使用し、質の良い部分を使うことになります。 また、重量やイ草の使用本数も品質の目安となります。

tatami_photo06

3.畳縁

部屋の用途やインテリアに合わせて自由にお選び下さい。標準縁、上級縁、高級縁。 常時在庫全75種類より選択できます。また畳縁メーカーHPの約1000種類からも選択できます。

標準縁

  • heri1横綱 成平2
  • heri2横綱 成平3
  • heri3横綱 成平4
  • heri4横綱 成平5
  • image977名城 101
  • image976名城 102
  • その他標準縁

上級縁

  • heri7白馬王 100
  • 白馬王 200
  • 白馬王 300
  • 白馬王 400
  • 白馬王 500
  • 白馬王 600
  • その他上級縁

高級縁

  • 西陣縁 No.71
  • 西陣縁 No.72
  • 西陣縁 No.73
  • 西陣縁 No.75
  • 西陣縁 No.76
  • tatami_photo24西陣縁 No.77
  • その他高級縁
 

畳をきれいにする工事には3通りの方法が!

畳張替表替え

pic_01 畳床(芯材)を再使用し表面の畳表(イ草ゴザ)を新しくする畳張替え工事(表替)

裏返し

pic_02 今お使いの畳表(イ草ゴザ)部分だけを裏返して再使用する裏返し工事(裏返)

新畳

pic_03 現状の畳を廃棄し、畳を新調し入れ替える新畳工事(新畳)